ウィッグに挑戦しよう|ファッションにも、薄毛対策にもなる

ウィッグは選び方が大切です。

ここ数年おしゃれ用のウィッグがとても人気です。雑誌モデルから芸能人まで、普通に使っています。料金も3千円ぐらいからフルウィッグが出ているので、学生でもお小遣い程度で購入できるのが良いのですね。

高いものでも1万円せずに、ショートからロング迄いろいろ変えるのは良いのですが、価格だけで分からないウィッグの質があります。お店まで行って購入できる人は良いのですが、たいていは通販で購入することになると思いますから、初心者が何の知識もなしに購入する店を選ぶのは困難です。
質の良いウィッグ購入をしたかったら、既に購入して利用している人のアドバイスを受けるのが一番です。
もちろんもし周りに、ウィッグを使っている人がいなければアドバイスしてもらうのは無理ですね。
その場合は、こちらの実際にウィッグを上手に利用しているが、その経験からおすすめしているウィッグの情報があるので、それを参考にするといいでしょう。

ウィッグにかつらというイメージを持っている方は、高いというイメージがあるかもしれませんね。

医療用のかつらとか、薄毛や禿のためのかつらなどは、今ももちろん高価ですし、

人毛のウィッグはなんにしても価格は高いです。

でも、アイドルやモデルがウィッグでファッションを決めるようになって、

十代の女の子たちから、ウィッグがおしゃれアイテムとして評価されるようになって、

3000円〜5000円ぐらいのものがたくさん販売されるようになりました。

ウィッグの種類による呼び方は、ショップやメーカーになよってことなるのです。

 

もちろん、ロングウィッグやショートウィッグというような長さに関するものは基本同じ呼び方ですが、頭にすっぽりかぶってしまうタイプのウィッグは、フルウイッグとか、オールウィッグとかいったりしますし、

地毛の中に混ぜてつけるものを、ポイントウイッグとか、部分ウイッグとか、ハーフウィッグとか、エクスとなどと言ったりします。

ミドルウイッグというところもあったと思います。

また、付ける部位によって、襟足ウイッグ、前髪ウィッグ、などいろいろな表現があります。

こちらのサイトにおすすめのロングウッィグの情報があるので、参考にしてみてください。ロングウイッグは絡みやすいので、質を重要視したほうが良いようです。
質の良いロングウィッグの選び方

髪の毛は、加齢で痩せていきます。そうすると、少し湿気を含んだだけでペタッと寝てしまい、ボリュームが無くなります。

 

そのため本数が減っていなくても、分け目などが目立ってしまい、薄毛に見えてしまいます。

 

対策は、いくつかあります。1つは髪の毛のボリュームアップを作るシャンプーを利用することです。これは思っている以上に効果があります。

 

少し若返って見えるようになります。もしそれだけでは不十分と思った場合は、2つ目としてウィッグを利用するという手段があります。

届いたばかりのウィッグは、結構プラスチック系の臭いがすると思います。

人工頭皮の部分も、ファイバーも当然、石油系の原料で作られているわけですから、

どうしても臭いはします。

たいていは、シャンプーとリンスをすれば、匂いは殆ど気にならなくなるので、

匂いでウィッグだとばれるようなことはないと思いますが、

質の悪いウィッグにあたってしまうと、かぶっているのが気持ち悪くなるような臭いの場合もあります。

フルウィッグはちょっとなあ・・・とエクステなどを利用したり、

ポイントウイッグを利用したりしている人もいます。

でも前髪ウィッグって結構つけるのが難しかったりします。

姫カット、罰B前髪にしたいと思って、前髪だけのものを付けると、

うまく地毛とかみ合わせないと、パカパカしてしまって、完全にかつらです。

ちょっと段差を飛び越えたりしてたえらい事になります。

人気のボブショートはとってもかわいいのでお勧めの髪型です。

特に特徴のない髪型から、ボブショートにすると、とってもイメージが変わりますよ。

でも、ボブショートって似合わない人もいますし・・・・

のびたら、美容院に行ってカットしてもらわないといけませんから、

毎月通う事になります。

そのコストを考えたら、ウィッグでボブショートにしてしまうのがお勧めですよ。

ボブショートウィッグの情報については、こちらに格安でよいウィッグの情報がありますので、参考になります。
ボブショートウィッグ選び

ファッションウィッグとコスプレ用のウィッグは、用途が違うので、

普段使いするおしゃれ用のウィッグであれば、その専門店で、

コスプレ用のウィッグであれば、コスプレ用の専門店で購入したほうがいいと思います。

コスプレ目的で購入する場合は、カットしたり、固めてセットしたりすることになるとおもいますが、

あまりサラサラの毛質だと、毛を逆立てたりするのが困難です。

あると程度の太さやボリュームが加工するのが難しいからです。

ちょっと見ただけでは、普通のブラシやコーンとさして変わらないので、

ウィッグを購入するときに、専用の櫛やコーンはいらないと判断する人がいますが、

これは大きなまちがいです。

ウッィグは、メンテナンスとして、ウィッグ用のスプレーをして、

櫛でとかしますが、一般の髪の毛ようのくしとはまったく櫛どおりが違います。

ウィッグ用の櫛は、間隔が広く取られていて、摩擦抵抗が少なく作られています。