ウィッグの種類、同じタイプでも呼び方が違う

ウィッグの種類、同じタイプでも呼び方が違う

ウィッグの種類による呼び方は、ショップやメーカーになよってことなるのです。

 

もちろん、ロングウィッグやショートウィッグというような長さに関するものは基本同じ呼び方ですが、頭にすっぽりかぶってしまうタイプのウィッグは、フルウイッグとか、オールウィッグとかいったりしますし、

地毛の中に混ぜてつけるものを、ポイントウイッグとか、部分ウイッグとか、ハーフウィッグとか、エクステなどと言ったりします。

ミドルウイッグというところもあったと思います。

また、付ける部位によって、襟足ウイッグ、前髪ウィッグ、などいろいろな表現があります。

上級者になるほど、ポイントウィッグを地毛にうまくなじませておしゃれするようになります。

初心者は、フルウィッグの方が簡単かもしれません。

地毛とカラーを合わせたりする必要がありませんし、

地毛とは違う色を楽しむことも簡単にできますからね。

簡単に初心者が大きくイメチェンしたいのだったら、フルウィッグがお勧めです。

ウィッグの種類、同じタイプでも呼び方が違う関連ページ

ファッションウィッグはけして高くない
質の高いファッションウィッグでも今や数千円で購入できる時代です。医療用や、薄毛専門のオーダーメードウィッグよりもずっと安いのに、充分使えるものになっています。
ウィッグ専用のブラシは必要?
ウィッグ専用のブラシは、実は普通のブラシとは全然違うのです。感覚が広いので、絡みをほぐすのには専用ブラシが有ったほうが絶対酔うのでケチらずに手に入れましょう。髪の毛用のブラシではかえって絡み付きます。
ボブショートウィッグがかわいい
長い髪でも簡単に、ボブショートに変身できてしまうウィッグがおすすめ。髪を切る必要がないから、直ぐイメチェンできますよ。
前髪ウィッグは違和感なくつけるのは難しい?
前髪だけのウィッグは、帽子とかカチューシャで止めないと、パカパカしてしまうので、サイドまである前髪ウイッグがおすすめです。
ウィッグの匂いが気になったら
ウィッグの臭いは購入した手だとどれでも多少はあります。臭いを落す方法ももちろんあります、しかし、質の悪いものはかなり臭うので、購入時は評判の良いところで購入しましょう。
髪の毛のボリュームアップ目的には、薄毛専用ウィッグか?シャンプーか?
年齢とともに髪は細くなるので、ある程度ボリュームが無くなるのはしかしがありません。でも薄毛に見えるのは嫌ですよね。その対策について、ウィッグという方法と、専用シャンプーと言う方法があります。