ウィッグ専用のブラシは必要なんですよ。

ウィッグ専用のブラシは必要?

ちょっと見ただけでは、普通のブラシやコーンとさして変わらないので、

ウィッグを購入するときに、専用の櫛やコーンはいらないと判断する人がいますが、

これは大きなまちがいです。

ウッィグは、メンテナンスとして、ウィッグ用のスプレーをして、

櫛でとかしますが、一般の髪の毛ようのくしとはまったく櫛どおりが違います。

ウィッグ用の櫛は、間隔が広く取られていて、摩擦抵抗が少なく作られています。

ウィッグがからまったときも、ウィッグ用の櫛でなければ、引っかかってなかなかほぐせません。

大して高いものではないので、ウィッグ専用の櫛やコーンは一緒に買っておいた方がいいです。

あとから購入すると別途送料がかかって無駄な出費になってしまいますからね。

その他のメンテナンスアイテムがセットになったものも売っていますので

どうせならそれを購入したほうがコストは安くなると思います。

ウィッグ専用のブラシは必要?関連ページ

ファッションウィッグはけして高くない
質の高いファッションウィッグでも今や数千円で購入できる時代です。医療用や、薄毛専門のオーダーメードウィッグよりもずっと安いのに、充分使えるものになっています。
ウィッグの種類、同じタイプでも呼び方が違う
ウィッグの種類は色々ありますがショップによって同じタイプの物でも違う呼び方をする場合もあります。
ボブショートウィッグがかわいい
長い髪でも簡単に、ボブショートに変身できてしまうウィッグがおすすめ。髪を切る必要がないから、直ぐイメチェンできますよ。
前髪ウィッグは違和感なくつけるのは難しい?
前髪だけのウィッグは、帽子とかカチューシャで止めないと、パカパカしてしまうので、サイドまである前髪ウイッグがおすすめです。
ウィッグの匂いが気になったら
ウィッグの臭いは購入した手だとどれでも多少はあります。臭いを落す方法ももちろんあります、しかし、質の悪いものはかなり臭うので、購入時は評判の良いところで購入しましょう。
髪の毛のボリュームアップ目的には、薄毛専用ウィッグか?シャンプーか?
年齢とともに髪は細くなるので、ある程度ボリュームが無くなるのはしかしがありません。でも薄毛に見えるのは嫌ですよね。その対策について、ウィッグという方法と、専用シャンプーと言う方法があります。